盛れる!パソコンのカメラ映りを劇的に良くする方法

今回は、zoomなどオンラインミーティングの際に少しでもカメラ映りを良くしたい方に、簡単な改善法を3つご紹介させていただきます。 リモート時代でも、相手に良い印象を与えることはとても重要です。 自宅からだと思ってサボっている方もいるんではないでしょうか? この動画を見て実践すれば、間違いなく映りをよくすることができますので ぜひあなたのオンラインライフにご活用ください。

盛れる!パソコンのカメラ映りを劇的に良くする方法

今回は、ノートパソコンの内蔵カメラで、ZoomですとかWeb会議等する際に少しでもカメラ映りをよくする方法を 3つご紹介します。

これからお話しする方法は、誰でも簡単に行うことができて効果が抜群な方法となります。

少しでも、ミーティングをしている相手にいい印象を持っていただいた方が良いと思いますので、ぜひ実践してみてください。

 

さて、その方法ですけども大きく3つありまして、まず1つ目が『カメラの位置を調整する』ということになります。

今ですね、机の上にノートパソコンを置いていて、私が少し見下ろすような角度でZoomに映っているんですけども、まずこのカメラの位置を調整してみたいと思います。

はい、いかがでしょうか?

今ですね、ノートパソコンを20センチほど高く置いてみました。

これによって、ノートパソコン内蔵カメラがちょうど、目の真ん前の位置、目高の位置に高くなっております。

こうすることで、少しうつむき加減だった自分の顔が、正面を向いたので、影ができづらくなったかと思います。

煽りと言いまして、やや上から目線になってしまって表情があまり良く映らないということがありますので、このようにノートパソコンの位置を少し上げて、なるべくカメラの位置が目高になる、これだけで相手に与える印象というのもだいぶ変わってくるんではないかと思います。

また、カメラの位置ということで言いますと、このように画面の下の方に顔があるというのもよく見かけるんですけども、やはりバランス的には、バストアップに近い形で映っているとバランスがいいのではないかと思いますので、まずは『パソコンの高さを調整する』ということを行ってみてください。

 

はい、そして2点目が『光の当たり具合』になります。

今ですね、私の正面のところに照明を置いて、正面から少し照らすようにしました。

これによって、私の顔の影が少し飛んで、かつ目に光が入るようになったかと思います。

照明が大事ということは、皆さん分かっているかと思いますが、とはいえ照明を持ってないという方もおりますので、改善ができないと思われるかもしれませんが、この照明を利用する方法というのはたくさんありまして、例えばご自宅でしたら窓側に顔を向けることで、外からの明かりが自然と正面から当たって顔の映りが良くなるということがあります。

逆に これを知らないと、窓側を背にしてしまうと、窓側からの逆行で完全に顔が暗く映ってしまうということがありますので、なるべく顔に影が出ないように意識されると良いかと思います。

またそれ以外の方法でも、今私の後ろが白い 壁になっているんですけども、このように今白い壁の方を私は向いている状態です。

これですと、逆光なんですけども、白い壁が反射して、正面から顔に(光が)当たっているので、顔の影が映らなくて、きれいに顔を映すこともできます。

ですので、白い壁やあるいは白い布などを自分の正面に置くことで、それによって光を反射させて自分の正面から光が当たっていて、影が消えるということで、写真で言うと「レフ板」というような形で反射させた光を使うんですけれども、そのような効果を生み出すこともできます。

または、今でしたらリング型の美顔ライトみたいなものをもあると思いますの で、そういったものを利用して、影を消すように工夫してみてください。

 

そして、3つ目の方法ですが『Zoomの補正機能を使う』という方法になります。

こちらにつきましては、今映っているこのビデオの停止となっている「横の三角」、こちらをクリックして「ビデオ設定 」この中で「マイビデオ」の下にある、この2つですね、これを使って、少し補正ことができます。

上の「Touch up my appearance」、このあたりの表示は、Zoomのバージョンとによって若干違う 事もあるんですけども、こちらにつきましては「シャープ」を調整するものになります。

これを、全開に左にやってみますと、やや輪郭がクッキリしたような印象があるのではないでしょうか。

もう一度、戻してみます。

「ビデオ設定」から「Touch up my appearance」、はいこのように「シャープ」を少し落として、ボヤかすというか滑らかにするような形で補正するという方法が あります。

そして、もう1つが同じく「ビデオ設定」の中の「低照度に対して調整」、こちらを今、自動になっていますが、手動にして少し動かしてみますと顔の明るさが調整出来るかと思います。

もし、部屋が少しくらいという方はこちらを少し強めてあげると、このように、画面を明るくすることができますので、まあやりすぎ注意なんですけれども、この部分を操作して、映りが良くなるところを探されると良いかと思います。

 

はい、続いてここからは~おまけ~となりますが、Zoom等でミーティングをしている際、今わざとカメラの方を見ながらしゃべっているので目線が合っているような状態かと思いますが、どうしてもミーティングで映っている相手の顔を見てしまうと、このように目線が下がってしまいます。

私も経験があるんですけども、しゃべっている相手がこっちの話を聞いているのか?というのが目線がズレているので、あまり分からなかったりするんですよね。

また、相手にとっても目線が合っていないので、良い印象を与えないということになります。

どうしても相手の顔を見てしゃべりたいので、カメラの方を目線を合わせてしゃべり続けるということはできないと思いますので、カメラになるべく相手の顔を近づけてあげることで少し改善することができます。


今2名で入っている状態ですが、私が映って いるこの画面が相手の顔だとすると、このように上下に分かれた画面で相手の顔、つまり私の顔を見ながらしゃべっていると、どうしても目線は下になってしまいます。

これですと、先ほども申し上げた通り相手の顔を見て、このように聞いていても「分かっているのかな? 」ということで、あまり良い印象を与えませんので、これをカメラに近づけて、上に設置してあげると、私の今、顔を見ながら喋っているんですけども、少し目線に近づいたかなと思います。

ということで、ギャラリービュー等を利用して、なるべくしゃべっている 相手の顔をカメラに近づけた位置に設置して、このように相手の顔を見てしゃべれば、いくらか目線が合っていて良い印象を与えることができるんじゃないかと思います。

さらに、ビジネスなどのシーンでは、相手の顔を見ながらしゃべりつつも、ちらちらカメラ目線を意識してあげると、相手にきちんと話しかけているようなふうに見えるかと思い ますので、目線というのも少し意識しながら話すようにしましょう。

 

はい、ということで簡単にできる Web(内蔵)カメラの映りを良くする方法を3つご紹介させていただきました。

1つ目が、ノートパソコンを少し上げて自分の目線の正面にWeb(内蔵)カメラが来る位置に調整すること。

そして、2つ目が、なるべく光を正面から当てるということ。

そして、3つ目が、Zoomの内蔵の機能を使って補正をする方法。

ということで、3つご紹介させていただきました。

そして~おまけ~として、なるべく相手と目線を合わせるように、ギャラリービュー等であれば、カメラに近い位置に相手を表示して、たまに Web(内蔵)カメラを見ながらお話をするという、この方法を守るだけで、相手にとっては、かなり与える印象というのが違ってくると思います。
 

昨今、非常にZoom等で、こうやってリモートでお話しする機会というのは増えていますので、少しでも相手に良い印象を与えいうことは、ビジネスにとっ ても人間関係を構築する上でも いいことだと思います。

そのために、 web(外付け)カメラを購入したり照明を買ったりという方法も1つですが、まずは本日お伝えした方法を実践して自分を少しでも盛れるようにしてみてください。

これだけできっと、相手からの 反応というのも違ってくるんじゃないかなと思います。
 

ありがとうございました。

Share: