あなたはどっち?リアルセミナー オンラインセミナー比較

今回は会場で直接行うリアルセミナーと、PC上でのオンラインセミナーのそれぞれの特徴を比較してお伝えさせていただきます。 オンライン配信ばかりではなく、リアル開催の方がいい場合ももちろんありますので、改めてその違いを見ていきましょう。

あなたはどっち?リアルセミナー オンラインセミナー比較

今回はリアルセミナーとオンラインセミナーの比較ということでお話をさせていただきたいと思います。
 

リアルセミナーという言葉もここ数年ですね。
 

オンラインセミナーという言葉が広く知られるようになって、その反対の表現として直接会場で受けるセミナーということで、リアル、あるいはフィジカルのセミナー・ イベントと言われるようになりました。
 

オンラインセミナーはオンラインセミナーの良さが、リアルももちろんリアルの良さがあります。

目的に応じてこれは使い分ける方がいいんですけども、改めてここではこの2つを、それぞれどういった特徴があるのかということをご説明させていただければと思います。

 

まずリアルセミナーのメリットというところで、こちらはホットな参加者がまず多いです。

これは当然会場に赴いてその場でセミナーを受講するわけなので、興味関心が比較的高いお客様が集まるというのが一つの大きリットになります。

またはリアルならではの体験を届けることができる。

これは当然体験型のセミナーとかもそうですし、なかなか お話をするだけでなくその他の会場の雰囲気ですとか、そういった体験含めてお客様に訴求したいような場合には、やはりリアルなセミナーの方がいいのかな ということになります。
 

あとは営業と顧客の接点が作れる。
 

これは商品の説明会とかセールス目的のセミナーの場合は、直接会場で営業担当がお客様と接点が作れると。

これまで挨拶したことがなかった営業担当がお客様に名刺交換をしたりとか、そういった接点が作れるということもあります。
 

あとは 直接クロージングがかけやすい。
 

これも同じようなケースで セールス、説明会等の目的のセミナーでは直接ですね、セミナーが終わったあと、この会場でそのまま申し込んでくださいというように、熱が覚めやらぬままクロージング、成約に結びつけやすいということになります。
 

そのほか ファンの多いコンテンツで好まれる。
 

これに関しては オンラインでPC上で画面を通して見るよりも、直接その先生の話が聞きたいとか、そういった方に向けてであればリアルセミナーというのが効果的かなというふうに思います。

 

これに対してオンラインセミナーのメリットです。

 

これは当然なんですけど、参加場所や会場のキャパシティを問わないということで、会場に直接行かなくても自宅からでも参加ができるということで、気軽にお客様が参加できる。
 

またキャパシティも問いませんので、何百人、何千人とセミナーに参加できるというのが大きなメリットです。
 

そのほか社会的状況に左右されない。
 

こちらは 最近ですとウィルスの感染症ですとか、なかなか人が集まるところには行きづらいとか、そういった規制がかかってしまって会自体を開催ができなくなってしまったとか、そういった状況に左右されないということですね。
 

そのほか、リアルタイム以外でも視聴でき何度も見ることができる。
 

こちらはたまたまその時間に何か別の予定が入ってしまって参加ができなくなってしまった、という方は、配信の方法にもよるんですけど、アーカイブとして何度も視聴できる形にしておけば、少し時間をずらしたり、翌日ですとか、そのリアルタイム以外でも視聴ができるとか。
 

あとは何度も見たい方にとっては、何度も見れるということがメリットです
 

そのほかに二次利用が可能ということで、こちらは映像の記録、残っているわけなので、ハイライトを編集して例えば広告用の素材として使うとか、社内での教育用の資料として使うとか、そういったセミナー以外の二次利用が可能というとこですね。


そのほか スライド資料が細かくても全員が見やすい。
 

こちらも地味にですね、広い会場でスクリーン等で投影する場合はなかなか見づらいということがあるんですね。

特に縦長の会場ですと、後方の方は、真ん中らへんにもスクリーンがあって見やすいように配慮されていればいいんですけど、そもそも資料自体が細かいと見づらいという場合もありますので、その場合は今お話ししているように、鮮明なスライドの写真を全員が見えると、いうこともオンラインのメリットかと思います。

 

このようにリアルセミナーとオンラインセミナーの特徴についてお話をさせていただきました
 

これらはある意味、真逆の特性を持っているというところで、会場とか時間が限られているリアルセミナーに対して、受け入れの広いオンラインセミナー 。
 

あるいは参加者の意識とか層が高いリアルセミナーに対して、それ以外の方も多く入っているオンラインセミナー 。
 

直接クロージングがかけやすい、かけづらいなど。
 

それぞれ一長一短があると思いますので、リアルとオンラインについて悩まれている方は、目的に応じて選ばれるといいかなと思います。
 

費用につきましてもどちらが安く済むとか、そういった一概には言えない部分がありまして、セミナーの規模とかそのような状況に関わってきますのでなんとも言えない部分はあるんですが、もし予算の方が許せば両方を同時に行うハイブリッドセミナーという形で、リアルなセミナーを開催しつつ、それを撮影して配信に乗せるという第3の案もありますので、この3つをですね、セミナーの目的に応じて選択していただければと思います。

Share: